未分類

特商法について

投稿日:

特商法に関しては事業をする側も消費者側もどちらも知っておいた方がいいものです。それは、実際に店舗を構えて商品やサービスを売っているお店だけではなくて、オンラインでのネットショップも対象に当たります。

オンライン上で問題になりやすいのは誇大広告などです。よく、写真を見て商品を購入したけれど、実物が写真とは全く異なったと言うようなクレームがありますが、こういったことも特商法違反に当てはまります。
ただ、商品の宣伝として写真がある程度綺麗でなければ宣伝の広告効果がないと言うのも事実です。
こういったところから、写真はきれいなものを使うほかないのですが、やはり実物とあまりにかけ離れているようなものであると、引っかかってしまうようです。
消費者のほうも、写真はある程度きれいに修正が加えられていて、美化されているものだと言うことをわかった上で購入しているので、その認識の範囲内であればある程度の美化は問題なさそうですが、それには限度があります。

それから、消費者側の意思を無視して、強要するような押し付けがましい販売をするのも当然のことながらアウトです。
顧客が欲しいと思っていない商品を、売りつけようとするのも特商法に引っかかるものなので、販売側もそこらへんを踏まえた上でアプローチする必要があります。オンライン上の広告において、厳しいところが広告の表示義務です。

送料含んだ価格や、引き渡しに関する機関等、またそのオンラインショップの責任者の連絡のつく連絡先や、責任者の身元情報など。
なにかトラブルがあったときに、お問い合わせをするような、電話番号やお問い合わせ先がないと言うような場合は特商法に引っかかります。

オンライン上で怖いのは、やはり商品を注文したのにお金だけ取られて、商品が来なかったと言う場合。
このような詐欺は、近代においてはかなりセキュリティー面において強化されているので件数としては減っているものの、それでもゼロではありません。

特商法に反した場合、「業務停止命令」や「行政命令」等が下される場合があり、今後事業ができないと言う可能性もあります。
守るべきルールをしっかり守った上で、事業を営んでいく必要があり、また、消費者側も悪質な詐欺に引っかからないようにするために、そういったルールを知識として学んでおく必要があります。

様々なことがオンライン化されてきている現代において、ルールもまた新しくなってきています。既存の知識だけではなく、新しい知識を取り入れていくことが大切です。

-未分類

Copyright© 初心者でも出来る!適職スマホビジネスってなに? , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.